マルチメディア

これからのエンタテインメントやインフォメーションテクノロジーなど、幅広く新しい音空間の提案やコンサルティング、音響システム開発などを行います。    

スマートフォンなどを利用した情報サービスや次世代メディアの研究開発では、"音"の活用が早くから注目されて来ましたが、まだ実社会への実装は進んでいません。

アコースティックフィールドでは、開発とエンタテインメントの2つの視点からお客様の考えるサービスに必要な技術開発やコンサルティングを行います。

- できること -

●高音質バイノーラル技術の提供

●立体音響システム開発

​●携帯端末やカーオーディオなどの再生環境における立体音場調整やコンサルティング

その他、お気軽にご相談ください。

- 事例 -

●パラリンピック競技ゴールボールの新しい観戦スタイル

意外にも試合の臨場感は観客席まで届かないことが多い。(特に会場が広い場合)

会場まで足を運んでもらったのだから試合の臨場感を伝えたい。

コート内での迫力ある音、会話、音のフェイントなど、選手が聴いている音環境をヘッドフォンで届ける。

​またそれらはそのまま放送や配信、パブリックビューイングにも同時に展開出来る。

PARA-SPORTS LAB. GOALBALL PROJECT

ゴールボールを「見る」から「聞く」へ

http://parasportslab.com/projects/goalball-project

- ユーザー -

USERSページをご参照ください。

- 関連製品 -

・立体音響用A-formatマイクロフォン: SOUNDFIELD SPS200

​・HPLバイノーラルプロセッサー: Airfolc RA-6010-HPL

© 2020 ACOUSTIC FIELD INC.