TimelessJourney_play.jpg
​サウンドインスタレーション

アコースティックフィールド設立以来、多くのサウンドインスタレーションの制作と展示の技術サポートのご依頼があります。

インスタレーションは作品により展示内容が様々です。

まずは作品の内容をよく理解し、どの様な技術アプローチを行えば、作者の意図する音が作れ鑑賞者へ伝わるのかを考える必要があります。

再生方法も、スピーカーなのかヘッドフォンなのか?

スピーカーならどの機種を何台使うべきか?

ヘッドフォンならどの機種か?

さらには展示装飾との兼ね合いも考慮し、機材やリスニングの配置をアドバイスします。

そして展示会場では音響調整で仕上げを行い、総合的に作者をサポートします。

Stradivarius: Timeless Journeyは、2018年に開催された「ストラディヴァリウス300年目のキセキ展」で展示されたインスタレーションです。

ちょうど300歳を迎えたストラディヴァリウス”サン・ロレンツォ”を無響室で録音し、ストラディヴァリの工房、ヴェルサイユ宮殿プチトリアノン内サロン、旧ゲヴァントハウス、そしてサントリーホールの4つの環境モデルを使い残響シミュレーションを施し、ストラディヴァリウスの音の変遷を演奏空間の歴史とともに辿りました。

3Dモデルからインパルス応答を出力。無響室の録音言を使ってのシミュレーション音源化。音響機材選定。現場調整等を担当させていただきました。

詳細はこちらをご覧ください。

https://miyuhosoi.com/ux-portfolio/tsf2018/

また、この作品は2019年にアジア地域最大級の広告コミュニケーションフェスティバルであるSpikes Asiaにて、Digital Craft部門のグランプリを受賞しています。

https://www2.spikes.asia/winners/2019/digitalcraft/

数多くのインスタレーションを展示、サポートさせていただているサウンドアーティストevala氏のプロジェクト"See by Your Ears"の情報はこちら。

See by Your Earsページ

- その他事例 -

Forest / Naotaka Fujii+GRINDER-MAN+evala (2020)

聴象発景 / evala, 鈴木昭男 (2019)

Lenna [ICC] / 細井美裕 (2019)

他、USERSページをご覧ください。

© 2020 ACOUSTIC FIELD INC.