【ブログ更新】バイノーラルプロセッシングプラグインを知る Part2



Part1ではモノラル音源とA-format録音源を使い、Ambisonicsからバイノーラル化するプラグインのベーシックな性能を試聴し検証しました。


今回のPart2では音楽音源による検証です。 音楽音源により見えて来るバイノーラルプラグインによる空間表現や音質の違い、それらを知ることで今後も増え続けるであろう各社バイノーラルプロセッシングツールに対し、各々が基準を持って対応する事が出来ます。

他のプラグインを使っていればもっと良くなっていた。 あるいはMixのやり方を変えて良いサウンドを作れた。 知っていれば対応出来ます。

ACOUSTIC FIELD blog (立体音響のスキル) http://acousticfield.blogspot.com/2020/06/12-01.html



最新記事

すべて表示

ICHIKO AOBA “Windswept Adan” CONCERT 配信

2021年6月21日Bunkamuraオーチャードホールで行われた青葉市子さん「アダンの風」フル編成コンサート。 舞台演出や照明など総合して素晴らしく、配信でもオーチャードホールのその時を出来るだけ伝えるべく配信サウンドシステムを組み空間をお届けしています。 配信期間:6/22~6/27